初心者でもわかるトレーサビリティ体系図

買い物に行ったときに量り売りをしていることがあります。量り売りは、グラム単位で好きな量を購入できるシステムです。もしそのときに使われるはかりが不正確だったらどうでしょう。300gと表示されているのに、実際の量は250gしかなかった場合、少ない量で多くのお金を払わなければならなくなります。それでは騙されたことになります。でもそのお店の人も悪気があったわけではなく、はかりが正しく動いていなかっただけかもしれません。そんなことが起きないように定期的に誤差の確認をするように計量法では義務付けています。誤差を確認し、修正することを校正と言います。はかりの場合、標準の重さとなる分銅を使います。決まった重さの分銅を乗せて正しい値が表示されることを確認します。

校正が正しく行われていることの経路

重さを測定するはかりの校正は分銅を使って行われます。その分銅は、本当に正しい重さでしょうか。もし50gのはずが55gだとしたら、校正ができないことになります。だからその分銅も定期的に校正します。それは他の正しい分銅と比較することで行います。では、その分銅は本当に正しいのでしょうか。このようにどんどん元となる分銅を追っていかなければ正しいことが証明できません。最終的にどこまで行けば正しいと言い切れるのでしょうか。それが国家計量標準です。国が定めた標準分銅や日本国キログラム原器と比較して正しければ国内でそれ以上の校正はありません。このように国家計量標準まで辿ることができるのをトレーサビリティと言います。国家的に認められたものまで追うことができる経路です。

正しい校正が行われたことを示す体系図

ひとつずつ追って行くことで国家計量標準まで辿ることができたはかりですが、このような経路をいちいち確認するのは面倒です。そこで簡単に一目でわかるように図に表したものがトレーサビリティ体系図です。校正対象のはかり、常用参照標準の分銅、二次標準の分銅、標準分銅や日本国キログラム原器の順で、線でつないだものです。それなら誰が見ても国家標準を元とする校正の経路がわかります。このトレーサビリティ体系図によってはかりの正しさが確認しやすくなります。このような体系図は、はかりだけではなく測定器で国家計量標準まで遡ることができるのであれば同じように図に示すことができます。測定した値の正確性を保証しなければならないときに利用することで簡単に証明することができます。

内臓の機能の強化にも効果があります。 激しい運動が苦手な人でも、年齢に関係なくヨガは始められます! 体験レッスンで、日々のストレスや体調の改善が実感できます! 普段の運動不足の解消にもホットヨガがおすすめ! 汗を大量に書くので代謝が上がり、痩せやすい体を作ります。 オー&ラビエは脂肪燃焼やリラックスなど目的別に様々なコースをご用意。 新陳代謝が高まって、女性に多い冷え症の改善も期待できます。 ホットヨガスタジオ探すならスタジオ・オー